オフライン
イャンクックに破れた俺を、アイルーがキャンプまで運んでくれました。すげー粗末

そして、再度、クックに挑みます。
クックの腹の下に潜り込み、薙ぎ払い切り上げを数回繰り返しては、クックに吹っ飛ばされる!を3回ほど繰り返します。ん〜、未だ回避行動がうまく使えこなせないなー

吹っ飛ばされると、クックに背を向けた形になり、更に追い打ちを受けることもしばしば・・・

そうこうしていると、クックが別フィールドへ飛び立ちます。すぐさま体力を回復させ、後を追う俺。

次にクックが降り立った場所には、ランボスがいました。うげっ・・・
案の定、攻撃しようとした時、ランボスの飛びつき攻撃に邪魔されます。

ムカツクー!と思っていると、クックの突進をまともに受け、力尽きる俺。
結局、2回目の死亡です・・・

またもキャンプまで粗末に運ばれ、再出発。
もう応急薬も底をつき、半分、諦めムードでクックに挑みます。

うぉぉぉりゃぁああああ!!←やけくそ

ドーーーーーン!! ゴロゴロゴロー

回復できない状態の俺にクックは容赦なく体当たり。体力残り5ほど
しかし、ここで奇跡の動きを見せる俺。急にクックの攻撃を回避行動で交わしまくり!そしてすばやく攻撃!

これぞ「ゼロドット最強モード」である。
ストII全盛期の時代に言われていた奇跡。体力ゲージが「0」となり、攻撃を受けるのは勿論、必殺技をガードして削られることになっても、死ぬ!と言う状態の時に発動される、奇跡の動きである。いわゆる「火事場の馬鹿力」というやつ

そんな状態の俺の攻撃がクックを捉えます。

ズバーーーーン!

グギャーン!!


ついにクックは最期の雄叫びと共に、地に伏したのです。
そして勝利の雄叫びを上げる俺。

うぉおおおおおおおおお!!!

すると隣の部屋から、嫁が来て一言

「うるさい!」

皆さん、ゲームは静かにしましょうね。
[PR]
by lon49629 | 2004-04-26 19:30 | MH1/G/2(終了)
<< オフライン オフライン >>